評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

ドッグフードのABC

人気のドッグフードメーカーなら選び方のポイントは生産国

更新日:

缶詰のドッグフードに鼻を突っ込む犬
ペットフードの原産国って、袋の裏を見た時、ふーんって言うくらい、チラッとしか見てないことはありませんか?

シンジロー
実は、これが意外と盲点があって、私たち飼い主がだまされてしまうかもしれない重要なことなんです。

 

1.日本で市販されている人気のドッグフード原産国表示は「ペットフード安全法」で決まっている

ペットフードの原産国については、農林水産省が管轄している「ペットフード安全法」に詳しいらしいけど、要点だけまとめたパンフレットを、さらにまとめた超短縮形で書きますね。

シンジロー
基本的には、ペットフードタイプ毎の最終加工工程を行った場所が原産国なんです。

つまり、

・ドライ及びソフトドライタイプ:押出成型工程(エクストルーダー)
・ウェットタイプ:レトルト殺菌工程
・練り加工タイプ:練り成型後の加熱工程
・焼き菓子・パンタイプ:焼成工程
・その他のタイプ:実質的な変更をもたらす最後の工程

ただし、これ以外でも、実質的な変更をもたらす行為ならば、最終加工工程とみなされます。

シンジロー
一番多そうなドライフードは、材料を作ったところではなくて、ドッグフードの形にした国なんだ。

間違いやすい事例が載ってました。

・A国産のかつお節を輸入し、日本で削り節にしたり、ふりかけ用に粉砕
→原産国はA国

・A国産のささみジャーキーを輸入し、日本で水洗・トリミング加工後に乾燥
→原産国はA国

・A国産の生鮮ささみ肉を日本で乾燥させたささみジャーキー
→原産国は日本

・A国産のドライフード(粒)を輸入し、日本でフレーバーをまぶした
→原産国はA国

シンジロー
ジャーキーに関係するのが多いのは、ジャーキーの原産国表示があやしいってことかしら?

同じメーカーのジャーキーの表示でも、

安いジャーキーは

●原産国 日本
●主原料 肉類(牛肉・鶏肉)

それとは別の

少し値段の高いジャーキーは

●原産国 日本
●主原料 牛肉(国産)、鶏肉(国産)
シンジロー
主原料の方にも、わざわざ国産と記入されているのは、安いジャーキーの最終加工工程は日本ではやってないからなんだ。

ちなみに、次のような行為は最終加工工程としてみなされないらしいですよ。

①商品にラベルを付け、その他標示を施す行為
②商品を容器に詰め、又は包装をする行為
③商品を単に詰め合わせ、又は組み合わせる行為
④単なる切断
⑤輸送又は保存のための乾燥、冷凍等
⑥単なる混合

 
 

2.国産ドッグフードには法律より厳しい「ペットフード公正取引協議会」自主ルールがある

おやつとチワワ

ペットフード安全法」では、原産国名他の表示が義務付けられていますが、実は私たちが一番知りたい成分については表示義務はないのです。

しかし、日本では自主ルールでペットフード公正取引協議会で追加の表示が定められています。

シンジロー
この「ペットフード公正取引協議会」は任意団体なので、加盟している会社は、全体の90%位だそうですが、それでも無いよりましですね。

成分については、次の5つの主要要素に対して%以上、%以下の表示が指定されています。
粗たん白質、粗脂肪、粗繊維 、粗灰分、水分

ただし、ワンコにとっても大切な添加物に関しては、この自主ルールでも表示の指定がないのが、日本の現実ですが、自主ルールの方が法律より厳しいのはいかがなものでしょうか。

 
 

3.原産国が海外ならばペットフードの法整備がしっかりした国の売れ筋を選びましょう

シンジロー
フードの原産国には気を付けていますか?

例えば、あなたがワンコに与えているフードの中に、中国産の穀物が含まれているとしたら?

まず間違いなくポストハーベストと言って、収穫後の穀物に保存が効くように散布された殺虫剤が、かなりのレベルで残留している可能性があります。

シンジロー
今は平気でも、後々ワンコに何か健康被害が出る可能性もありますね。

中国産は、いつ何が起こるのかが非常に心配なので、避けた方がいいと思います。

アメリカ産のドッグフードが欲しい

外国産ならば、イギリスやオランダ、アメリカなどペット栄養学の先進国です。

シンジロー
ペットフードの法整備がしっかりした国の物を選びましょう。

特にイギリスは大学・企業を問わずペットの栄養学の研究がとても盛んです。

シンジロー
アメリカほど数は多くないかもしれませんが、日本からの留学生も学んでいるくらいですよ。

 

4.原産国が同じ海外ドッグフードでもおすすめは正規品|並行輸入品はだめ!

パピーでもフードが欲しい

日本に入ってきているドッグフードで、正規品はしっかり代理店を通して、輸出することを前提で作られています。

シンジロー
つまり、日本の気候や湿度、輸送環境などを考えて作られており製品の劣化に対しても安心ですね。

しかし、並行輸入品は、正規代理店を通していません

たとえ原材料その他正規品と差がなく作られていても、原産国内でのみ流通を前提に作られたものです。

それを、輸送のコストの関係から、ほとんど船便で輸入されるため、途中暑い地域を通ったり、寒い地域を通ったりします。

また、日数もかかりますので、酸化はかなり進み、劣化に対する不安があります。

シンジロー
どんなフードでも正規品(正式に日本の代理店を通して輸入されている)をおすすめします。

 

5.安全なドッグフードメーカーでも並行輸入品の見分け方はこれです!

なるほど

①パッケージがすべて日本語以外(英語など)で記載されているのは並行輸入品です

先にも書いた様に、並行輸入品は原産国内のみでの流通を前提に作られた商品なので、製品には日本語以外(英語など)で記載されています。

 

なるほど

②賞味期限が日本の表記方法と違う

外国で製造されたフードを日本に正規輸入して販売する場合は、輸入業者が日本の法律に基づき、賞味期限などを日本式で表示しなくてはいけません。

シンジロー
しかし、並行輸入品は、国産だと、例えば2018年10月21日ですが、181021などと日本式以外で表示されています。

 

なるほど

③正規品はパッケージがしっかりしている

これは、比較しての話なので、少し難しいかと思います。

海外への輸出を前提に作られている正規品は、輸送される際におきる製品の劣化などを考慮し、袋などの保存方法に配慮しています。

当然、その分は並行輸入より少し価格は高くなります。

シンジロー
ワンコのためだと思えば辛抱できちゃうのは私だけでしょうか?(笑)

 
 

6.ペットショップのドッグフードの原産国を見ながらできるおすすめチェック方法

チョコレート色したドッグフード

①ナチュラルハーベスト

開発は日本で国産フードなのすが、材料調達の関係でアメリカで製造されているため、原産国はアメリカです。

当然、日本の気候や飼育環境も考慮されてますし、原材料の原産国まで公式HPで開示しています。

シンジロー
原材料の原産国を開示してないフードがほとんどの中、私は良心的なメーカーだと思います。

ただ、一部材料に中国産が使われるようになったので、原産国以前に原材料に疑問を持つ人には不信感があるのも確かです。

 

②アカナ

原産国はカナダですが、現地のフードと輸入された正規品フードでは基本的に内容成分量に関しては差が無いです。

若干、正規品の方が水分量が少なくしてあるくらい。

 

③カナガンドッグフード

開発はイギリスですが、原産国は一部タイのものがあります。

東南アジアのタイの信頼性は、フード業界ではまだまだありません。

シンジロー
製造環境的には期待できませんね。

 

④人気のロイヤルカナン

これも、原産国が韓国に変更になる時に、韓国産になったら一切与えたくないなど、問題になってました。

 

⑤ビタワン

国産フードでも老舗です。

日本ペットフードという会社が製造しており、工場は静岡県です。

ここも、材料については原産地はオーストラリアなど開示しています。

シンジロー
良心的なメーカーだと思います。

 

コラム

キャッツフードの世界でも、原産国イギリスはプレミアム!
世界ランキングで、イギリス産のカナガンとシンプリーは、別格です。
ペットフードの法整備がしっかりした国ということを、猫業界でも証明してますね。
ちなみに、人間様の食べ物の世界では、まずいランキングにいつもイギリスが入っているのは何故かはわかりません(笑)

 
【関連記事】
▼ドッグフードのABCまとめはこちら
あわせて読む
no image
ドッグフードのABCまとめ

激安ドッグフードから高級な高いドッグフードまで、その差は大きいけど、 愛犬にとって良いドッグフードは、アメリカのドッグフードのランキングを参考に、 生産国をチェックして選びます。 初めて子犬にドッグフ ...

続きを見る

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-ドッグフードのABC

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.