評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

ドッグフードの安全性

信頼できるドッグフードでも一緒に絶対与えてはいけない危険な食べ物とは?

更新日:

ワンちゃんの飼い主さん仲間同士でも、「犬にダメな食べ物」って、少し大げさに言われている物も多いです。

シンジロー
本当に気をつけてほしい物もあるので、次の3つのことを、飼い主さんは、頭に入れてください。

 

1.本当に気をつけなければいけないのはネギ類・カカオ類・ブドウ類です

これは、死亡例も報告されていますから。

ご褒美にドッグフードほしいな

シンジロー
愛犬家なら、この3種だけは覚えておいてください。

カカオ類には、ココア等も含みます。

ブドウ類は、犬に急性腎不全などの腎臓障害を引き起こすことがあります。

レーズンも中毒症状を起こす食べ物として、良く知られています。

小型犬では、小粒のブドウで30粒程度で食欲不振や下痢を起こすことも。

シンジロー
実は、ブドウのどの成分が、引き起こしているのか、まだわかっていません。

ただ、個体差が大きく、少量で死に至る犬もいるし、いくら食べても平気な子もいます。

似ている食べ物にイチジクがありますが、これは属も科も違うので心配しなくて大丈夫。

 

2.犬に人間用の牛乳はダメ?

主人の向こうからちらっと見てる犬にもドッグフードを

これも、個体差があります。

シンジロー
犬にとっては、人間用の牛乳みたいに加工した乳製品でも下痢を起こす可能性が高いです。

犬も生まれた時はラクターゼ(乳糖分解酵素)をたくさん持ってますが、成長と共に減少してきます。

この分解酵素を持つことで、乳糖を分解吸収できていたんです。

シンジロー
不思議なのは、成長と共にほとんど持たなくなる犬もいれば、たくさん持ったまま大人になる犬もいることです。

自然界では、母乳は子を育てるため、かけがえのないものです。

だから、他の動物に奪われないように、他の種の動物が呑んで分解できないようになっています。

これを、乳糖不耐といいます。

夢の中でドッグフードのこと考えてる

人間は、他の動物のものである牛乳でも飲めるように進化しました。

シンジロー
しかし、牛乳を飲めない人がいるのと同じく、牛乳を飲める犬もいれば、飲めない犬もいると考えた方が自然です。

犬でもパピーは、みんな乳糖分解酵素を持っているので、喜んで牛乳を飲むのも自然だとわかると思います。

街のペットショップで、“犬用ミルク”というのが売っているのを見かけた飼い主さんもいると思います。

シンジロー
あれは、乳糖を取り除いた加工乳で、下痢をしにくくなるだけです。

犬の栄養としてオススメされているものではありません。

 

3.消化しにくいものの代表は甲殻類とナッツ類

広い芝生に座る犬にドッグフードを

甲殻類は、加熱して小さくすれば問題ありません。

ナッツ類は、栄養素的なものはなく、例えばドッグフードによく入っている落花生の殻は、犬のウンチを固めるためだけの物です。

 

4.犬が口にしてはいけない植物

挨拶してる二匹のブル

お部屋に花を飾るのは、良い習慣です。

花屋で買ったり、自宅のお庭に咲いている花を切り花にすることもあります。

でも、切花や鉢植えの観賞植物の中には、愛犬が中毒になるものもある。

ゆり科の花や葉、キク科のハルシオン、キキョウ科のトルコキキョウなど。

シンジロー
犬って、新しい切花や鉢植えの観賞植物に興味を示しませんか?

それらの植物に噛み付いたりしますね。

だから、ワンコの手が届く場所には、置かない方が賢明

その他、りっぱな参考書もあるそうです。

山根義久監修、イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科、ピエ・ブックス発行

出典:日本獣医学会 ペットが口にしてはいけない植物 

 

シンジロー
最後に、意外と危険なのが、何の成分が凝縮され含んでるかわからない「人間用の加工食品」です。

これは、人間にとっても危険かもしれません(恐)。

 
【関連記事】
▼ドッグフードの安全性まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-ドッグフードの安全性

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.