評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

グレインフリードッグフードの評判

ドッグフードのグレインフリーとは?

更新日:

こんにちは、シンジローです。

シンジロー
ワンコにとって不要な栄養の穀物不使用のフードを、グレインフリードッグフードと言います。

大型犬でもグレインフリー

穀物というのは、ワンコにとって消化しにくい食材です。

ということは、ワンコに栄養が吸収されにくく、つまりはワンコの胃腸に負担をかけることになります。

シンジロー
だから、グレインフリーがよいと言われているんですね。

穀物って具体的には、お米や小麦や大麦、それにトウモロコシ等の事を言いますよ。

 

僕、納豆臭くない?

シンジロー
実は、ワンコにとっても健康食である納豆を、食べさせてあげてる方も少なくはありません。

もちろん、大豆は穀物ではありません。

そんな大豆を原料としている納豆でさえ、便にそのまま出てくるケースでは、そのワンコでは消化されていないんですね。

同じ様に、カラフルなミックスベジタブルも、ワンコに消化しにくい食材です。

シンジロー
実は、市販のフードのほとんどに穀物が使われています。

理由は、消費者が買いやすくするために、材料費を安くし量を増やす事ができるためです。

シンジロー
つまり、コストダウンのために穀物を使うのであり、ワンコの健康のためではないんです。

わざわざワンコに不要な食材である穀物を、自分の可愛いワンちゃんに与えなくてすむので、グレインフリーのフードが良いと言われる理由なんです。

シンジロー
あなたは、自分のワンコに不要な穀物をたくさん与えて、本当に必要な栄養をワンコに与えてあげれないとしたら、どう思うでしょうか?

 
【関連記事】
▼グレインフリードッグフードの評判まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-グレインフリードッグフードの評判

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.