評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

グレインフリードッグフードの評判

炭水化物の多いグレインフリーフードは心臓に負担をかけるデメリットあり

更新日:

2018年7月に、米国の政府機関FDA(アメリカ食品医薬品局)が、

グレインフリーフードが心臓疾患の原因となる可能性があると発表しました。

 

1.なぜグレインフリーフードが心臓疾患の原因となるのか

お腹がすいたビーグル犬

現状グレインフリーの多くが、穀類を外す代わりにイモ類・豆類を多く使用しています。

これが原因です!

穀類を抜いても炭水化物の量が多くなっています。

炭水化物が多いということは、糖分が多く心臓に負担をかけることになります。

犬猫は肉食動物!

身体のつくりは炭水化物の消化が苦手な構造になっています。

ポテト・豆類を大量に使用し、コストダウンを安易にする方法をとっているフードは、

犬猫によくないのです。

 

2.動物性たんぱく質が多く、炭水化物の量が少ないフードが良い

おいしい骨に食いつく犬

犬猫にとって本当に大切なのは低炭水化物であること!

危険なフードを避けるために2つポイントがあります

①炭水化物の量を見る

炭水化物の量は成分値には載っていませんが、計算をすることで大まかな量を知ることが出来ます

 100% ─(タンパク質・脂質・粗繊維・水分・灰分の合計)

 これで大まかな炭水化物の量を知ることが出来ます
 

②原材料を見る

 原材料一覧は量が多いものから順に記載されています

 上位にイモ類・豆類が書かれているフードは注意が必要です

 大量のイモ類・豆類が使われている可能性があります
 
また

あるフードは

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)サツマイモ、えんどう豆、レンズ豆、ヒヨコ豆・・・・・・・・・・

といった書き方をしているメーカー様もあります

チキン・サーモンで合計しているため、炭水化物を少なく見せるための書き方です。

そのようなフードが良いフードと言えるでしょうか

 

3.正しいフードを選ぶためには

お腹がすいたラブ

現在、日本でもグレインフリーフードが多く販売されています。

犬猫の身体のことを考え「グレインフリーであれば良い!」と考えている飼い主様は多いと思います。

グレインフリーが良いという認識を捨て、低炭水化物のフードを選ぶようにしていただければと思います。

アメリカでのニュースは日本でも広まっていく可能性が高いと思います。

ペットフードの多くに大量のビタミン・ミネラル等のサプリメントが含まれています。

これは何故なのか

原材料に必要な栄養が含まれていない、

そもそも必要な栄養を取るための原材料が使われていない、

また加工の過程で栄養価が損なわれるためです

原材料から必要な栄養価を取ることとサプリメントで補う事、

どちらの方が良いかは私たちの食事で考えればすぐに答えはでるかと思います

必要な栄養を取ることが出来ない原材料の食事が、良い食事と言えるでしょうか

 
※ 本内容は、Orijen_JAPANの発表資料から、本サイト管理人が内容を確認し、編集しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FDA Investigating Potential Connection Between Diet and Cases of Canine Heart Disease

July 12, 2018

The U.S. Food and Drug Administration is alerting pet owners and veterinary professionals about reports of canine dilated cardiomyopathy (DCM) in dogs eating certain pet foods containing peas, lentils, other legume seeds, or potatoes as main ingredients. These reports are unusual because DCM is occurring in breeds not typically genetically prone to the disease. The FDA’s Center for Veterinary Medicine and the Veterinary Laboratory Investigation and Response Network, a collaboration of government and veterinary diagnostic laboratories, are investigating this potential association.

Canine DCM is a disease of a dog’s heart muscle and results in an enlarged heart. As the heart and its chambers become dilated, it becomes harder for the heart to pump, and heart valves may leak, leading to a buildup of fluids in the chest and abdomen. DCM often results in congestive heart failure. Heart function may improve in cases that are not linked to genetics with appropriate veterinary treatment and dietary modification, if caught early.

The underlying cause of DCM is not truly known, but is thought to have a genetic component. Breeds that are typically more frequently affected by DCM include large and giant breed dogs, such as Great Danes, Boxers, Newfoundlands, Irish Wolfhounds, Saint Bernards and Doberman Pinschers. It is less common in small and medium breed dogs, except American and English Cocker Spaniels. However, the cases that have been reported to the FDA have included Golden and Labrador Retrievers, Whippets, a Shih Tzu, a Bulldog and Miniature Schnauzers, as well as mixed breeds.

Diets in cases reported to the FDA frequently list potatoes or multiple legumes such as peas, lentils, other “pulses” (seeds of legumes), and their protein, starch and fiber derivatives early in the ingredient list, indicating that they are main ingredients. Early reports from the veterinary cardiology community indicate that the dogs consistently ate these foods as their primary source of nutrition for time periods ranging from months to years. High levels of legumes or potatoes appear to be more common in diets labeled as “grain-free,” but it is not yet known how these ingredients are linked to cases of DCM. Changes in diet, especially for dogs with DCM, should be made in consultation with a licensed veterinarian.

In the reports the FDA has received, some of the dogs showed signs of heart disease, including decreased energy, cough, difficulty breathing and episodes of collapse. Medical records for four atypical DCM cases, three Golden Retrievers and one Labrador Retriever, show that these dogs had low whole blood levels of the amino acid taurine. Taurine deficiency is well-documented as potentially leading to DCM. The Labrador Retriever with low whole blood taurine levels is recovering with veterinary treatment, including taurine supplementation, and a diet change. Four other cases of DCM in atypical dog breeds, a Miniature Schnauzer, Shih Tzu and two Labrador Retrievers, had normal blood taurine levels. The FDA continues to work with board certified veterinary cardiologists and veterinary nutritionists to better understand the clinical presentation of these dogs. The agency has also been in contact with pet food manufacturers to discuss these reports and to help further the investigation.

The FDA encourages pet owners and veterinary professionals to report cases of DCM in dogs suspected of having a link to diet by using the electronic Safety Reporting Portal or calling their state’s FDA Consumer Complaint Coordinators. Please see the link below about “How to Report a Pet Food Complaint" for additional instructions.

 
【関連記事】
▼グレインフリードッグフードの評判まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-グレインフリードッグフードの評判

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.