評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

グレインフリードッグフードの評判

炭水化物の量が多いグレインフリーフードは危ない!?

更新日:

2018年7月

「グレインフリーフードが心臓疾患の原因となる可能性がある」

という驚くニュースが発表されました。

出典;アメリカの政府機関FDA(アメリカ食品医薬品局)

グレインフリーフードが危ない

具体的には、

「エンドウ豆、レンズ豆、他のマメ科の種子、またはジャガイモを主成分とする特定のペットフードを食べる犬における拡張型心筋症(DCM)の報告」

の中で、ペット所有者および獣医師に警告しています。

 

1.なぜグレインフリーフードが心臓疾患の原因となるのか?

現状グレインフリーの多くが、穀類の代わりにイモ類・豆類を多く使用していることが原因です!

グレインフリーフードが心臓疾患の原因

ただし、

これらの成分が、どのようにDCMの症例と関連しているかはまだわかっていません。

グレインフリーのドッグフードは、炭水化物の量が多くなっています。

炭水化物が多いということは糖分になる成分が多いということ。

少なくとも、

シンジロー
犬の心臓に負担をかけることになります。

 

2.なぜグレインフリーの多くが炭水化物を多く含むのか?

コストダウンのためや、フードを作る工程を簡単ににするためです。

炭水化物を多く含む

そのため、ポテト・豆類を大量に使用するフードもあります。

犬は、炭水化物の消化が苦手な構造になっています。

名前だけのグレインフリーを謳っているフードは、

この事を、本当に理解していません。

 

3.犬にとって本当に大切なのは【低炭水化物】であること!

私たち飼い主が、名前だけのグレインフリーのような、

危険なフードを避けるために2つポイントがあります。

 

①炭水化物の量%をチェックすること

炭水化物の量は成分表には載っていません。

面倒ですが、計算をすることで大まかな量を知ることが出来ます。

炭水化物の量%=100% ─(タンパク質・脂質・粗繊維・水分・灰分の合計%)

これで大まかな炭水化物の量を知ることが出来ます。

 

②成分表の原材料をチェックすること

フードの成分表は、量が多いものから順に記載されています。

だから、

シンジロー
上位にイモ類・マメ類が書かれているフードには、注意が必要です。

 
 

現在、日本でもグレインフリーフードが多く販売されています。

危険なフードを避ける

犬の身体のことを考えて、

「グレインフリーであれば良いフード!」

と考えている飼い主さんは多いと思いますが、注意することもあるという訳です。

グレインフリーならば、どんなフードでも良いという認識を捨て、

低炭水化物のフードを選ぶようにしてあげることが大切です。

まとめ

  • 穀類の代わりにイモ類・豆類を多く使用しているグレインフリーフードは、犬の心臓に負担である。
  • 低炭水化物のグレインフリーフードを厳選してあげる。
  • 成分表の炭水化物などをチェックする。
  •  

    FDA(アメリカ食品医薬品局)の拡張型心筋症(DCM)に関する報告一部抜粋

    犬のDCMは犬の心筋の病気で、心臓が肥大しています。

    心臓とその腔が拡張すると、心臓がポンピングするのが難しくなり、心臓弁が漏れる可能性があり、胸部や腹部に体液がたまります。

    DCMはしばしばうっ血性心不全を引き起こします。

    早期に捕獲された場合、適切な獣医治療および食事療法によって遺伝学と関連していない場合、心機能は改善する可能性があります。

    DCMの根本的な原因は真に知られていませんが、遺伝的要素を持っていると考えられています。

    DCMの影響を受けやすい犬種には、グレートデインズ、ボクサー、ニューファンドランド、アイリッシュウルフハウンド、セントバーナード、ドーベルマンピンシャーなどの大型および巨大犬が含まれます。

     
    【関連記事】
    ▼グレインフリードッグフードの評判まとめはこちら

    ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

    日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

    アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

    参考にするのがベストです。

    WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

    穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

    使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

    そこで、

    シンジロー
    WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

    栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

     

    環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

    環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

    ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

    厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

    ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

    低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

    国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

    13722

    動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

    原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

    若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

    30日間返金保証の自信

    世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

    世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

    「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

    ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

    グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

    WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

    ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

    -グレインフリードッグフードの評判

    Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.