評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

ドッグフードの手作り

アレルギーの犬の手作りご飯で食物アレルギー判別も一緒にできちゃう理由

更新日:

こんにちは、シンジローです。

愛犬のアレルギーに悩む飼い主さんも多いですね。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎を併発している犬もいます。

シンジロー
犬の食物アレルギー判別には、実は手作りフードが最適というのは理由があります。

食物アレルギーの予防方法は不明!?

寝そべって友達来ないかと眺める犬

人においては、アレルギーを引き起こしやすい食物として、肉類や穀物、豆、魚介類など多岐種にわたってます。

しかし、実は、ワンちゃんにおいてはまだ明らかになっていません。

人においても、予防に関して一定の結論は得られていないのが現状。

まして、犬のアレルギーでは、原因として多いものから、牛肉、魚、鶏肉という順の報告があるくらいです。

シンジロー
例えば、お土産でいただいたお菓子を食べたとたんに、アレルギー反応が出ても、何が原因だったのかさえ、わかりません。

一生懸命に走ってくるブル

犬は、8週~20週齡までの期間で、食に対する嗜好が決定すると言われています。

そのため、現在は、離乳食の開始時期を早める早期導入により、一定の効果が得られると考えられています。

ドッグフードにアレルゲンフリーと書いてあっても、食べただけで、愛犬がアレルギーにならないと言う意味じゃないってこと。

牛肉や、小麦やトウモロコシなど犬が食物アレルギーを起こしやすい原料が入ってないだけ。

アレルゲンフリーというと、健康的なイメージがありますね。

シンジロー
でも、決して、アレルゲンフリー=体に良いとは限りません。

 

ドッグフードでアレルギーを起こしやすい材料

散歩でおすわりしている犬

ドッグフードの成分表は、量の多い順に記載してあるのはご存じでしょう。

最初に言いますが、現在の法律では原材料の8割までしか記載されていません

シンジロー
なので、飼い主が判断できるのは、記載されている材料についてのみ。

アレルゲンとして一番気をつけるのは、トウモロコシすなわちコーン

原材料に「コーン・コーングルテン」と記載されていたら、注意。

コーングルテンは、”コーンスターチを作った後に出た産廃物”です。

産廃物とは言え、普通のコーンよりもたんぱく質を多く含み、安価なので、ドッグフードにはよく使われています。

たんぱく質を多く含むため、アレルゲンにもなりやすい。

ちなみに、トウモロコシを餌として食べた牛の肉は、アレルギーには関係しません。

牛の体内で、消化・吸収が終わっているからです。

 

アレルギー性皮膚炎は予防も難しい

黒い犬が舌を出している

食物アレルギーとアトピーを併発している犬。

特に、梅雨時期から夏にかけて多く発症する子が多いです。

治療には、余分な皮脂や抗原物質を、シャンプーで除去してあげる方法が、予防上も効果があるようです。

毎日の掃除でハウスダストをできる限り除去し、できる限り清潔に保ってあげましょう。

シンジロー
これは、愛犬の皮膚アレルギーの原因が特定されない限り、予防も難しい症状です。

 

犬のアレルゲンテストの問題点

皮膚病にかかり痒い犬

アレルゲンはアレルギーを引き起こす物質のことで、食物アレルゲンの大部分は食物に含まれるタンパク質です。
根拠:食物アレルギー研究会 食物アレルギーとは 

この食物アレルゲンを特定するアレルゲンテストには、問題があります。

アレルゲンテストの問題点は、原因と思われる物質が、殆どにヒットしてしまい結局原因不明になること。

一昔前までは、正常な犬の血液を出しても、たくさんの項目が陽性で帰ってきたと聞きます。

あくまでも試験管内での検査なので、要は、調べても意味がなかったのですね。

そんな検査結果をまともに受け止めたら、愛犬は食べる物が無くなってしまいます(T_T)

そのため、アレルゲンテストをしたがらない病院も、いまだにあります。

それに、どこまで調べるかにもよりますが、費用が数万円もかかると覚悟した方がよいです。

検査機関に血液を送るだけですが、期間も3週間位はかかります。

シンジロー
しかし、後述する除去食試験で、ダメな食べ物の当たりがついているのであれば、アレルゲンテストも治療法の選択に役立ちます。

 

アレルゲンを特定するため除去食試験・再負荷試験が有効

りっぱなブルドッグ

除去食試験は、実際に食べる物で体に起きる反応を確認する試験です。

シンジロー
精度では、これ以上優れた検査はありません。

犬のアレルギー検査では、アレルゲンテストよりも正確な方法ではないでしょうか。

特に、ヨーロッパでは、リンパ球の反応を見ることができないので、除去食試験が主流だそうです。

除去食試験を行う際は、殆ど食べたことのない蛋白質のみを与えます。

「犬において食物アレルギーを疑った場合、これまでに与えたことのない食物を用いて、症状が改善するかどうかを確かめます。

これを食物除去試験というのですが、羊肉、七面鳥、アヒルまたはナマズなどの動物性タンパク質を用いることが多いです。」

「食物除去試験によって症状の改善が認められた場合、もとの食事に戻して症状が再発するかどうかを確かめますが、再発した場合においてのみ、食物アレルギーの診断が確定します。」

根拠:食物除去試験 日本獣医学会 

 

除去食試験を行うために有用な検査に、リンパ球反応検査があります。

犬の食物アレルギーに関わっているリンパ球が反応する食物を検出することができるのです。

それらを避けた除去食療法を、安心して実施できるメリットがあるんです。

根拠:リンパ球反応検査 動物アレルギー検査株式会社 (理研ベンチャー)

シンジロー
ただ、検査費用が高額ななため、検査の必要性については、かかり付けの先生に一度ご相談した方がいいと思います。

 

アレルギーかどうかを調べるならまず加水分解食で除去食試験から

アレルギーに弱そうな犬

除去食試験には、食材として加水分解食(アミノペプチドフォーミュラや低分子プロテイン)を与えることが有効です。

アミノペプチドは、チョット高いです。

でも、アミノペプチドでもアレルギーが出たら、食物アレルギーではありません。

まずは肉と魚をチェックして、あわない食物だったら、次は植物性たんぱく質のフードを選んでまた試すという具合です。

つまり、これまでに摂取した機会が少ないないだろう食物を与え、アレルゲンとして認識するかをみます。

今まで与えた事がないタンパク質なので、新奇たんぱく食療法といいます。

これらの食材を与えることで症状に改善が確認できた場合、次に再負荷試験を実施する、

いままで与えていたフードに戻し、1~2週間で再発の有無を確認します。

シンジロー
症状が再発した場合は、食物アレルギーの診断確定です。

 

手作り食での除去食試験が一番確実

遠くを見ている茶色の犬

手作りでの除去食試験が、食物アレルギー診断には最適です。

ドッグフードでは、袋に成分表示されてない材料も含まれているからです。

シンジロー
手作り食でしたら、アレルゲンの特定も比較的簡単に出来ます。

アレルゲンにもよりますが、約1ヶ月で特定することも可能です。

手作り食で除去食試験をやらせてくれる獣医さんにお願いできるなら、幸運です。

確実に見つけられるのですから。

もし、アレルギー性皮膚炎を血液検査で調べても、アレルゲンを推測するだけで確定は出来ない。

例えば、IgE抗体の検査としてのアレルゲン特異的リンパ球刺激反応検査は、\45,000以上。

検査結果が出るまでの期間は、3週間程度も。

ただし、手作り食で特定できたとしても、アレルゲンを全て除去して、手作りフードを作り続けるのは至難の技

それに、お留守番させる時も、代わりにドッグフードと言うわけにはいきませんから。

 

療法食としての低アレルゲン性フード

見つめるパグ

アレルゲン診断確定後は、療法食として市販されている低アレルゲン性フードを与えるように、獣医にすすめられます。

手作りで作り続けるのは至難の技ですし、良好な栄養バランスをキープできなくなる危険性もあります。

根拠:食物除去試験 日本獣医学会 

もし、除去食試験でドッグフードを用いた場合、その際にアレルギーが出なかったフードを療法食として治療する獣医師が多いです。

つまり、今後は、そのフードを与えることによって、再発を予防することが一般的です。

低アレルゲンフードは、種類が豊富。

どれを選ぶかについては飼い主さん自身で判断せず、必ず先生からの指示を仰がれてください。

シンジロー
管理人は、n-3系脂肪酸などの不飽和脂肪酸の含有比率が考慮された、低アレルゲン性フードがおすすめ。

ただし、1kgあたり3,000円近くするので、経済的には負担が重たくなります。

 

手作りフードでも、栄養学を勉強してがんばって作っている飼い主さんもいます。

低アレルゲン性フードにするかは、飼い主さんの生活環境によっても違います。

まずは、愛犬をお大事になさって、どの方法でアレルギーに向かい合うか、考えて下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

 
【関連記事】
▼ドッグフードの手作りまとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-ドッグフードの手作り

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.