評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

外国産ドッグフードの評判

ウェルネスはこだわりの厳選素材をバランスよく使用した評判のドッグフードだった

更新日:

こんにちは、シンジローです。

イオンペットでしか見かけないドッグフードに、ウェルネスがあります。

シンジロー
実は、ウェルネスは定評のあるフードなんです。

 

1.ウェルネスはたんぱく質の味にこだわる愛犬のためのフード

ウェルネス1

イオンペットとAmazonだけで買えるアメリカ産ドッグフード。

実物を見たことがある飼い主さんは、少ないかも。

イオンペットの実店舗なら、見れます。

ウェルネスは、動物性たんぱく質源が主原料。

特徴的なのが、良質の骨抜きチキン(生肉)を第一原材料に使用していること。

味にこだわる愛犬のためとは言っても、適正なバランスでたんぱく質、脂肪、炭水化物を配合してある。

超小型犬なんかは、活動的で多くのエネルギーを必要としますね。

ウェルネスには、たんぱく質が26.0%以上も配合されている。

全てのウェルネスドライ製品で、第一原材料に生肉を使用しているようです。

骨抜きチキン以外には、七面鳥、魚も使っています。

シンジロー
さらに、穀物不使用で、最近のフードの王道ですね。

 

2.野菜と果物は豊富に配合

ウェルネス2

野菜や果物は、ビタミン、ミネラル、抗酸化栄養素などを含んでいます。

例えば、ほうれん草は、鉄やカルシウム、抗酸化栄養素であるルテインのような栄養素を含むため、配合されている。

トマトには、リコピンのような抗酸化栄養素、および水溶性繊維を多く含みます。

ウェルネスには、トマトポマスというトマトの搾りかすを、フードに使っています。

シンジロー
コストを抑えながら、しっかり効果をあげていると思います。

 

3.ウェルネスは消化によい

ウェルネス3

先ほどのトマトポマスに含まれた食物繊維(プレバイオティクス)と、乳酸菌(プロバイオティクス)が配合されています。

これで、健康な消化管の健康維持をサポート。

えんどうの繊維も入っているので、健康なウンチにも貢献します。

シンジロー
高品質な動物性たんぱく質源と、消化の良い原材料だから、消化によいわけですね。

 

4.お口と腰と関節のケアまで配慮されたフード

ウェルネス4

これも、ドッグフードには珍しいです。

わざわざ超小粒サイズにしてあり、粒をカリカリと噛むことで、歯垢の蓄積を抑える仕組みです。

歯の健康維持のためには、人間も同様ですね。

粒の色も、着色料を使用していないので、原材料の産地や収穫時期により均一でないようですが、まあこれは品質上の問題はないでしょう。

それに、腰と関節の健康維持のために、エビ由来のグルコサミンとコンドロイチン硫酸を配合。

シンジロー
これで、腰と関節の健康維持をサポートしてくれますよ。

 

5.自然派成分の酸化防止剤を使用

ウェルネス5

ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物を、酸化防止剤として使用。

緑茶抽出物だから、当然カフェインが含まれていますね。

シンジロー
緑茶抽出物の量はわずかなので、ペットへの影響はないと、安心しておいても良さそうです。

 

6.しかし、ペットフードは犬にも好みがある

いくら良いフードだからと言って、犬にも好みがあるので、正解はひとつに絞れません。

ウェルネスには、ガーリックを原材料に使っているんですね。

ガーリックそのものは、人間にとって風味豊かですし、ご存じの様に健康にも寄与するものとして人気ですね。

犬には、たまねぎは食べさせてはいけない素材。

ウェルネスに含まれるガーリックは微量なので、犬に害を及ぼさないと、メーカーHPに記載ありますが。

シンジロー
最初は、サンプルや小さなサイズで試してみてはいかがでしょう?

 
結論;
愛犬にこだわりの厳選素材をバランスよく使用したペットフードだと思います。

 
【関連記事】
▼外国産ドッグフードの評判まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-外国産ドッグフードの評判

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.