評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

外国産ドッグフードの評判

オリジンドッグフードはペット・フード・オブ・ザ・イヤーで評判

更新日:

1.特徴

こんにちは、シンジローです。オリジン

オリジンは、ペット先進国のアメリカではNo.1の評価を得ています。

ドライフードの中では、最高レベルのフードです。

アメリカのドッグフード雑誌『WDJ』で、毎年連続でペット・フード・オブ・ザ・イヤーに選ばれていることでも有名ですね。

オリジンは、WHOLEPREY FOOD(ホールプレイフード)の考え方で作られているフード。

シンジロー
簡単に言うと、フードは「生物学的に適正」であるべきと言うことです。

そのために、次の5つの特徴を持っています。

ポイント

(1)高栄養価の動物性たんぱく質が豊富で、新鮮な肉や魚を24時間以内に調理。
(2)本来、犬が食べない穀類不使用
(3)肥満、糖尿病の原因となる炭水化物を、非常に少なく。
(4)免疫・消化機能の強化のため、果物と野菜を豊富に使用しています。
(5)犬が本能的に摂る健康促進効果のある植物と、プロバイオティクス(善玉菌)を使用

 

2.すぐれた点

本を読む犬にもドッグフード

①高たんぱくで新鮮な肉や魚を使用(成分中85%)

シンジロー
高たんぱく質なので、しっかり運動すれば筋肉質の引き締まった体になりますよ。

 

②肉含有量は多いですが、栄養バランスはしっかり整えてある

それがドッグフードの良さですしね。

シンジロー

リンとカルシウムのバランスもしっかりとれてますし、吸収率が高い良質なフードだと思います。

胃腸が弱い子でも平気ですしね。

毛並、涙やけなんかは、素晴らしく良い方向に改善されます。

 

③穀物不使用なので、アレルギーの子には安心です

頻繁に掻いている子に、グレインフリーの6フィッシュに替えたら痒みが治まったという話を聞きます。

 

④素材や製造工程が素晴らしい

インスタグラムなどでも工場での動画などを出していますね。

シンジロー
ペットフードのメーカーでこういう動画をだすのは珍しく、信頼できると感じました。

 

⑤340g入りの小さなパッケージで試せる

  

シンジロー
このサイズは、とりあえず試してみるのにいいですね。

愛犬に合わなかった場合でも、損害が小さくて済みます。

 

3.注意する点

白い秋田犬

①価格的に高い

こだわりのある方にはおすすめです。

 

②質の良いフード=体質に合うとは限らない

シンジロー
オリジンは良いフードですが、日本で飼われる犬にはタンパク質が多すぎるかなと思います。

未消化のフードがそのままの形でふやけて、吐き戻したりすることもあります。

 

③太りやすい

シンジロー
給餌量を見ても活発な子がターゲットになってるのがわかると思います。

 

④1個がかなり大きめ

ドッグフードは、味自体は良くても、粒の大きさだけで食べてくれない事もあります。

オリジンは、粒が大きく堅めです。

だから、

とても小さくて喉も細い超小型犬のチワワには、小粒タイプのあるフードでないと食べにくいかも。

 

⑤肝臓を壊しやすい場合も

高たんぱくゆえに、運動の少ない子には負担になってしまいます。

シンジロー
定期的な血液検査でチェックしてあげましょう。

 
【補足 2018.6.30】

オリジンが重金属汚染

今年3月に、チャンピンペットフーズ社がアメリカの消費者から集団提訴されたニュースがありました。

オリジンに重金属汚染があるのに、それを怠慢で開示しなかったためです。

鉛とヒ素の含有量が多かったようです。

しかし、フーズ社は米FDAが定める基準内と反論しているようです。

Truth about Pet Food Truth about Pet Food(英文)

今回は、ある愛犬家団体が実験をして判明したそうです。

シンジロー
さすが、ペット先進国だと感心します。

開示されていない成分まで、消費者側が調べる姿勢が、先進国の証です。

 
愛犬に合ったフードに出会えますように、お祈りしています。
 
【関連記事】
▼外国産ドッグフードの評判まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-外国産ドッグフードの評判

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.