評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

外国産ドッグフードの評判

elmo(エルモ)というイタリア産ドッグフードからイタリア原産の狼犬の評判まで

更新日:

そもそもは、elmo(エルモ)というイタリア産ペットフードの話から、

イタリアには、日本にはいないウルフ(狼)犬がいるという話に興味を持った私。

シンジロー
この話、損はさせないよ(^^)/

 

1.ペットショップで言われるがままに購入したelmo(エルモ)だった

ペットショップCoo&Riku(クーアンドリク)で、うちの犬を購入しました。

その時の店員さんが、すごく勧めてくれたのが、elmo(エルモ)の幼犬用Rich in CHECKENでした。

elmo_Rich in CHECKEN

原材料100%イタリア産のドッグフードだそうです。

ペットショップの店員さんは、すごく勉強してる方とそうでない方がいますね。

その時の店員さんが、どちらかはわかりませんが、

人工着色料・保存料不使用で、評判も良かったようです。

ペットショップでは、ふやかして与えていたので、自宅でもそうしていました。

価格も、amazonなどの通販では、1550円/800gでまあまあ。

鶏肉を主な原材料としているので、タンパク質と脂質のバランスがとれて、

こんなペットフードを作れるイタリアそのものに、関心が出てきた私でした。

 

2.イタリア産ペットフードFORZA(フォルツア)10は療法食としての評価も良い

例えば、FORZA10 Legendは、魚が主原料のフードですが、臭みもありません。

アラスカのワイルドアンチョビ使用など、

成分値がとても詳しく記載されているので、信用できそうです。

FORZA10 インテスティナル アクティブ

療法食としてのFORZA10には、

胃腸ケア用のFORZA10 インテスティナル アクティブ。

腎臓ケア用のFORZA10 リナールアクティブ 。

皮膚アレルギー用のFORZA10 デルモというのがあって、値段も手頃なのです。

 

3.イタリア産の牛の爪ガムというおやつもあった

これは、澱粉が主成分のガムですが、牛の爪はケラチン質なので無害ですね。

ただ、すごく固くて、殺人の凶器に使えそうな固さですが、

口コミが意外といいのでした。

ただし、

消化には、愛犬の便を見てから判断したほうがいいと思います。

犬は、固い物を噛む事がストレス解消になるので、

イタリアの犬は、よろこぶんだろうなって思えるおやつです。

シンジロー
まだ、売っているのかな( ゚Д゚)

 

4.イタリア原産の狼犬ルーポ・イタリアーノは家庭で飼育禁止のスーパードッグ

イタリア原産の狼犬ルーポ・イタリアーノは、

軍の訓練士しか飼育及び訓練が許可されていない、すごい軍用犬です。

ルーポ・イタリアーノ

アメリカでは死亡事例も数件あって、家庭飼養動物としての飼育が禁止になっています。

ウルフドッグの飼育は、一般には無理ですから。

狼犬でも、チェコスロバキアン・ウルフドッグは、

日本でも飼育してる方がいるようですが、ルーポ・イタリアーノはさずがにいません。

それに、ルーポ・イタリアーノは、

訓練をつんで学習して、災害救助にも活躍できるスーパードッグなんだそうです。

2.5mのフェンスを飛び越えることも可能な、非常に高い身体能力持ってます。

見た目のワイルドさも非常にかっこよくて、あこがれてしまいますね。

その他にも、

ヴォルピーノ・イタリアーノやチルネコ・デル・エトナなど、

イタリア原産の犬たちもいるということを知りました。

 

5.イタリアの犬のしつけは日本と違う?

例えば、イタリアでは、散歩はノーリードです。

シンジロー
日本でノーリードの散歩なんて、考えられません(*_*)

チルネコ・デル・エトナ

犬の躾が完璧な国なのでしょう。

だから、

イタリアの犬は、散歩中に他の犬とすれ違っても、

興味を示さず、素通りするそうです。

お尻のにおいをかいだりの挨拶はしないらしいです(*_*)

でも、

散歩中の愛犬の落とし物は、飼い主がキチンと始末をしないと、

犬糞放置で罰金を科され、ドイツやイギリスなどと同じく厳しいです(^^♪

 
【関連記事】
▼外国産ドッグフードの評判まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-外国産ドッグフードの評判

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.