評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

犬の躾(しつけ)

チョークカラー(首輪)を正しく使えば訓練が一段と便利に

更新日:

こんにちは、シンジローです。

リーダーウォークの時に使うチョークカラー

シンジロー
毎日使ってるのに、意外と知らないワンちゃん用品ですね。

チョークカラーの利用目的

ベッドの上で

チョークカラー(首輪 :collar) は、犬がリードを引っ張ると、首輪が締まる働きがあります。

締まることで、ワンちゃんに合図を送れる。

だから、犬をコントロールするための訓練に欠かせない首輪です。

ただし、コントロールは、あくまでコマンドで。

シンジロー
チョークだけで、犬はコントロールできません。

 

上手なチョークカラーのセット方法

おりこうそうな子犬

まず、チョークカラーを使う場合、リードを短く持つことが大切。

犬のあご下から耳の後ろ付近のラインにかけます。

犬の前の方から見ると、チョークカラーの形が"P"の字の様に、リードが横に着く様に。

チョークカラーで犬に合図を送る時は、リードを上の方向に引くことで、ショックが伝わる。

使い方を誤ると首が締まり苦しいです。

大きく引くと、犬の気管支を締め付けられるので、痛めてしまうこともあり注意です。

フルチョークかハーフチョークどちらが良いの?

ソファーの上で眠たい子犬

チョークカラーは、大きく分けて二種類あります。

フルチョークは、プロの訓練士用と思ってください。

ハーフチョークは、ある程度までしか締まりませんから、私たちが訓練が一段と便利です。

リーダーウォークの時に軽くクイッと引きます。

犬の位置修正ができる。

ハーネスに比べ、飼い主(ハンドラー)の意図が伝えやすい。

リスクとしては、サイズを正しくないと外れること。

かと言って、長時間強くひきすぎると、眼球血管の損傷、気管と食道の損傷、喉頭反回神経麻痺などの弊害が報告されています。

シンジロー
まだ、リーダーウォークができない愛犬の散歩には、ハーネスとリードを装着する事をおすすめします。

 

チョークカラーの素材は革製がおすすめ

チョークカラーの素材としては、革、ナイロン、金属が主流です。

なかでも、飼主の手にも、犬にも一番感触がいい、快適な素材は革です。

オイル仕上げの高級革製なら、手入れさえすれば、長く使えます。

また、ナイロン製は、丈夫で、耐久性に優れてます。

シンジロー
しかし、犬が激しく引っ張る場合に、大型犬では、飼主の手も犬の首も、傷付く可能性があり、おすすめしません。

その他、

金属チェーンカラーは、太陽にあたると、光ってきれいですが、

ドッグショー用カラーと考えておいた方がいいです。

心無い飼主によるチョークチェーンや暴力など間違ったしつけ方で苦痛を味わった犬は、

飼い主に攻撃的になるものだからです。

 

引っ張り防止用だけならジェントルリーダーやイージーウォークなども

庭で遊びたいパピー

どちらも、引っ張り癖を緩和させるだけのものです。

引っ張り癖のある子は、引っ張ったり、突然走りだしたりするので、不安定。

引っ張れば引っ張るほど、力に逆らって前に進もうとします。

ジェントリリーダーは、使用方法のDVD付属で売られています。

シンジロー
ジェントリリーダーは、使い方を知らないと、犬の首への負担が強いためです。

犬の首を痛めることがあります。

効果としては、大型犬でも動きを止めることができるのが大きいですね。

一方のイージーウォークは、イージーハーネスと言う名前でも売られています。

これは、リードを取り付ける金具が前に付いています。

犬を横から引っ張り、リードを手綱の様にコントロール出来るので便利。

欠点としては、犬がハーネスに違和感を感じると、ハーネスを噛み切ることも。

シンジロー
それに、訓練ではないので、グイグイ引っ張りの激しい子は、首輪に戻せばまた引っ張ること。

 

ロングリードって、いつ使えばいいか迷ってる飼い主さんもいます。

まず、呼び戻しの練習を家の中である程度やってから、外に行ってください。

外でロングリードを使って、呼び戻しの練習をするのは、それから。

それに、ロングリードでも、伸縮リードは犬に怪我をさせる危険性があるので使ってない人も多いですね。

愛犬の訓練が一段と便利になって、コミュニケーションとれれば、こんなに幸せなことはありません。

 
【関連記事】
▼犬の躾(しつけ)まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-犬の躾(しつけ)

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.