評判の国産・外国産グレインフリードッグフードを選ぶ時に役に立つサイト

【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!

犬の躾(しつけ)

リーダーウォークはお散歩の楽しさと愛犬を危険から守ってくれる躾(しつけ)の基本です

更新日:

こんにちは、シンジローです。

犬の躾(しつけ)は1歳頃から始まり、終生続くもの。

良いドッグフードを食べさせても、躾ができていなければ、残念です。

シンジロー
愛犬を危険から守るためにも、リーダーウォークに代表される躾は、とても大切です。

犬のリーダーウォークとは?

散歩中こっちを見ている犬

躾のうち散歩に関するもので、飼い主をリーダーに位置づけるための大事な訓練です。

犬は、経験によって、躾を学習していきます。

しかし、覚えてもすぐに忘れてしまう。

だから、今までできていたことが、できなくなるのもよくあること。

シンジロー
特に、リーダーウォーク(脚側歩行)はとても大切な躾です。

犬が、自分をリーダーと誤解するのを正す躾です。

例えば、散歩中に、犬が飼い主の前を歩くと、犬に降り注ぐ危険を自分で解決しようとします。

その結果、他の犬に吠えるのです。

もちろん、ワンちゃんが急に走り出したり、方向転換したりの不意なアクションも。

怪我や事故などの危険から守る為、飼い主の左に犬をつかせます。

飼い主の歩くスピードに同調するよう、真横若しくは後ろを歩くように躾けをする必要があります。

特に、歩道や住宅街などを歩く時。

リーダーウォークといえば厳しく難しく聞こえます。

シンジロー
しかし、実際には犬と人間の関係を正しく、飼い主さんがリーダーで、犬が従属的関係にする躾です。

リーダーウォークとは犬と飼い主さんとの歩行トレーニングです。

出典:リーダーウォーク/千葉県 動物愛護センター

 

犬の散歩で大切なリーダーウォークの5つの心得

ご主人とぴったり歩く犬

いきなり、リーダーウォークの訓練を始めても、うまくいかない。

始める前に、まず、犬に尊敬されるような立派な飼い主(リーダー)になっていること。

リーダーウォークは文字通り、リーダーに従って歩くという事。

和製英語ですが、「指導者の歩き」を飼い主さんも学ぶ練習です。

シンジロー
飼い主が犬に付いて歩くのではなく、歩く速さや行き先を決めるのは飼い主だと教えます。

 

心得その1 普段から犬のリーダーであること

リーダーウォークで落ち着いて歩く犬

ワンちゃんとの生活上、最も大切な事項です。

しっかりとした主従関係を構築します。

飼い主の指示も効果が大きく、飼い主の指示に従うことが「嬉しい」となるでしょう。

犬を甘やかし、ワガママを聞くだけでは、犬が勝手にテリトリーを作り、唸ったり吠えまくったり噛み付いたり。

柴犬は噛み付くという話をよく聞きます。

シンジロー
これは、攻撃性が強い柴犬に対し、主従関係が逆転しているケースです。

 

心得その2 犬のしつけはアイコンタクトができてからリーダーウォークの訓練を始める

アイコンタクトは、犬と目を合わせるためのトレーニングです。、

シンジロー
犬の名前を呼んで、犬があなたと目があったら褒めてあげるというやり方でできます。

 

心得その3 リーダーウォークはリードワークを研究すべし

リードワークによって、何歳であっても躾をする際に非常に役立ちます。

 

心得その4 しつけより前に犬との信頼関係をしっかり構築すべし

すべての躾の基本、根本は「信頼関係」です。

信頼関係なくして躾はできません。

シンジロー
出来る限り多くのコミュニケーションとスキンシップで、信頼関係を作ってください。

 

心得その5 リーダーウォークは犬が飼い主に注意して散歩する訓練

リーダーウォークは、犬に服従させるだけの訓練ではありません。

散歩で必要だと考えられているのは安全性です。

警察犬のようにビシっ!とついて歩かなくても良いのです。

リードがたるんだ状態でも、飼い主とアイコンタクトを取り、飼い主の側を歩けるようにする為の訓練です。

 
犬をオヤツで従わせても、本当の意味で犬が従ったとは言えません。

シンジロー
だから、初めてのリーダーウォークは、本当の意味での飼い主になる訓練でもあります。

 

【How to】リーダーウォークのやり方

僕だってお散歩できる

①子犬のリーダーウォークの練習|最初の一歩は家の中で

どんな犬も、いきなりリーダーウォークはできません。

まして、1歳くらいであれば、まだ子犬。

まずは、外ではなく、家の中の慣れたところで行うことをおすすめします。

人間にとっては何てことないお外ですが、わんちゃんにとっては刺激がいっぱい。

シンジロー
最初は、10歩歩けたら、おやつをあげて、大袈裟に褒めるという感じで。

家の中なので、周りの目も気にならない。

リーダーウォークは、最初はリードを短く持って、犬は壁際で、壁に沿って歩かせます。

偶然、飼い主の左にいるだけでも、褒めてあげるのもいい。

シンジロー
家の中で1日に5回はするようにして下さい。

 

②子犬が家の中でリーダーウォークできるようになったら

次は、人気のない公園や人通りの少ない時に自宅の前で。

少しずつレベルアップしていきます。

犬が先に行ってしまったら、無言で立ち止まる(又は逆進)。

戻ってきたらまた歩く。

アイコンタクトを入れた方が良いでしょう。

ちょっとでも前に行こうとしたら。一寸でも先を歩かせてはだめです。

これを何度も繰り返します

1回10~30分程度で、犬はそれ以上は集中できません。

ここまで上手くできたら、歩道のある広めの道路で練習です。

信号では必ず「マテ、スワレ」、青になったら「ススメ」と言って進みます。

シンジロー
これで常に飼い主を気にしながら歩くようになります。

 

③本格的なリーダーウォークへ5つのStep

ここからは、愛犬とコミュニケーションがとれているかによります。

躾けには、本当に根気よく長い時間が掛かります。

焦らないで。

ポイントは、自分の前を歩かせないこと。

 

Step1 リードは短く持って歩く

歩き出すときと、停止するときは、必ず掛け声を決めてかける(ゴー、トマレのように命令)。

 

Step2 犬の目を見ずに、前をしっかり向いてやや早足で歩く

犬の世界では、目を見て機嫌を伺うのは下位の犬です。

この時、飼い主が犬の目を見てはいけません。

シンジロー
リーダーウォークができるようになると、犬のほうがチラチラ目配せして、飼い主の歩調に合わせます。

 

Step3 犬が前に行くか違う方向に行ったときは飼い主がピタッと止まる

まず、リードは適度な途中の位置で持ち、リードの長さ全部を使わないこと。

こうすると、犬が先へ行ったらリードがピンと張ります。

あなたは黙って立ち止まります。

犬は、リードに引っ張られて止まります。

あなたは木のように止まったまま

犬は、首が引っ張られたままなので、リードが緩む位置へ戻ってくる。

そこで「いいコ、いいコ」と褒めて、また歩き始めてください。

戻らない時は、急に向きを変えます。

シンジロー
このときは、無言で行うのがいいです。

根気よくこれを繰り返します。

 

Step4 散歩中は犬を左側につけて歩く

これが、最大の目的です。

散歩では、遊ばせる時以外は、この横付け歩行が基本。

「ツケ」「ヒール」「ツイテ」などが、左横に着いて歩くコマンドで。

シンジロー
当然、最初はピタッと着きません。

ここで、トリーツやオヤツを使わないという人もいます。

この時までに、すでに愛犬とコミュニケーションがとれているはず。

コマンドを言うだけで理解できなくても、愛犬は自分に注目してくれます。

そうでないなら、まずはコミュニケーションから。

歩きながらツケと命令し、飼い主の左もものあたりからオヤツを与えます。

もしくは、オヤツを左手で持ち、胸の辺りに持って見せるます。

シンジロー
自然に上を向く姿勢になるので、やりやすくなると思います。

最初はオヤツに飛びつくかと思いますが、それはダメ!ときつく叱る。

そして、「ヒール」などのコマンドと同時に大きく1歩出し、止まります。

止まったら、「スワレ」で座らせます。

シンジロー
1mでも左横を歩けたら、オヤツをあげ、同時にめちゃくちゃ大袈裟に褒めてください。

徐々に歩ける距離を伸ばしていきます。

そのうち、オヤツ無しでも、「ヒール」=左横について行くと理解します。

なぜ左側を歩かせるかというと、狼の序列を犬が本能的にわかっているから。

上位の左後方を、下位の犬が歩くというルールがあるのです。

シンジロー
ボスが、誰かはっきりさせるために、あえて左側を歩かせます。

 

Step5 しばらく歩いたら飼い主の決めたルートへ方向転換

今度は、「ミギ」「ヒダリ」と号令をかけながら方向転換をします。

飼い主がリードで誘導しますが、犬は理解できないので困惑します。

だから、最初は、左手を犬の首に添えながら、方向転換させる。

シンジロー
もちろん、出来たら、オヤツを与え、撫でて褒めます。

これも、何回も繰り返しましょう。

上記Stepを毎日の散歩で根気良く行うと、数ヶ月でできるようになります。

 

④犬がリーダーウォークをできたらいちいち褒めてあげる

黒ラブとお散歩

まず、犬が飼い主の歩調に合わせていたら褒めましょう。

とにかくいちいち褒める

シンジロー
褒めないと、犬には何が良いのかわかりません。

ダメな時はその行為を中断する。無視です。

そして、口癖のように号令を出し、犬に主人にアイコンタクトさせ、言葉が意味する行為を理解させる。

 

リーダーウォークを嫌がる犬は引っ張り続ける

うれしそうにアイコンタクトする犬

引っ張ったら、犬が苦しいくらい思いっきりリードを引いてダメ!と叱ってください。

犬の引きが強くなったら、リードを一瞬強く引いて刺激を与え、「トマレ」と言って止める。

引っ張るのをやめれば、犬を撫でて褒める

シンジロー
引っ張るのをやめさせなければ、犬は「引っ張っても良い」と勘違いしてしまいます。

引っ張り癖のある犬ならば、ハーネスではなくリードを使う。

ハーネスに変えると確かに犬の首への負担は無くなります。

引っ張りは直らないので大きくなるにつれ、大変になります。

リーダーワォークを毎日すれば、引っ張りは治まります

シンジロー
早ければ1週間で違いは出てくると思いますので頑張って下さい。

 

ドーベルマンなど大型犬などに吠える時の対処法

ゆっくりくつろぐドーベルマン

大型犬など他の犬に吠えるら、犬とコンタクトを取りながら、こっちに気を引かせます。

威嚇する行動に出るなら、リードにショックを与え、その場から離れる。

もちろん、犬には「ノー!」と叱る。

シンジロー
吠えるのは犬の防衛本能なので、その間は叱っても無駄。

良い行動ならほめる、だめは叱る。

例外を許してはいけません。

 

しつけでリーダーウォークができると、散歩で犬のコントロールが楽

顔の黒い犬

まず、コマンドを教えると、動きをコントロールでき楽になります。

リーダーウォーク中、犬が通っても飼い主とアイコンタクトして、止まります。

もちろん、吠えません

引っ張り癖のある犬は、お友達と遊べる公園に行きたいために飼い主を引っ張る。

引っ張る前に、「ヒール」のコマンドで横を歩かせます。

ここで、興奮がおさまらない場合は、コマンドがまだ完全ではないことを意味します。

シンジロー
リーダーウォークができると、飼い主の横で飼い主を気にしてくれます。

 

リーダーウォークの訓練に必要なリードやハーネスの正しい扱い方

まだご褒美くれないの?

お散歩マナーを教えるにあたって、とても大切なのがリードの扱い方

少し短めにリードを持つ。

ワンちゃんが行動をする前に、リードでワンちゃんに合図を送ります。

リードやハーネスは、犬が引っ張ったら止める。

犬が力を抜いたら、こちらも力を抜くのが基本。

シンジロー
歩く時にリードを短く持って張った状態では、犬はどんどん引っ張ります。

でも、具体的に始めようとすると、迷います。

 

①しつけとしてリーダーウォークの練習をするなら決して引っ張らないでください

ふさふさの白い犬

引っ張ると、犬は逆方向に引っ張ります。

犬はリードが張ると、自分の意思が通ったものと勘違いする。

だから、それを止めようと、人間がリードを引けば、単なる引っ張りっこ状態です。

うれしいから引っ張るんです、

これは、犬との綱引きは、遊び以外ではよくありません。

シンジロー
ワンちゃんが引っ張る場合は、飼い主さんは止まる、向きを変えるといいと思います。

例えば、犬が匂いを嗅ぐためにクンクンしている時に、フッと横を向いたときにリードが張ることがあります。

その小さな力でさえ、犬は勘違いする。

ワンちゃんはそこに留まりたいので、より力を入れてしまいます。

シンジロー
リードは張らせないこと、これを常に頭に入れておきましょう。

もし引くなら、リードは必ず横に引きます

前に進もうとするワンちゃんを後ろに引き戻そうとすると、本能で余計に力を入れます。

 

②犬のしつけはリーダーだけでコントロールせずに音や動きを利用する

好奇心旺盛な犬や警戒心が強い犬の場合は、もうひと工夫が必要。

周囲の音や動く物に意識が向きます。

そんな犬を、リードだけでコントロールしても、犬がガハガハ苦しむだけ。

シンジロー
その場合は、逆に音や動きを利用します。

 

その1 犬のしつけで散歩中に音を利用する

リードを引いてショックを与える前に、警告音を鳴らす。

警告音は、「ンッ!」や「アッ!」でもOK.

音でコントロールできない場合は、リードを1回グイッと引き、直ぐに緩める。

繰り返す事で、警告音だけで反応するようになる。

シンジロー
初期の動作はクリッカーを使うと早いです。

右手、左手、人の立ち位置などパターンを変えて教えていきます。

 

その2 リーダーウォークで動きを利用する方法

リードを引いて、力加減やタイミング良くショックを入れるのは、少し慣れが必要。

初心者なら、急に方向転換したり、止まったりがやりやすい。

シンジロー
人の急な動きを利用して、犬に合図を送るのです。

 

犬のリーダーウォークでリードと首輪やハーネスの使い分け方

フードを待ってる2匹の犬

普通の生活では、首輪が一番です。

もしも、犬がとっさに引っ張っても、喉を痛める事はまずない。

ゲロくらい吐くこともありますが、そのくらいなら問題なしです。

リードは、馬のたずなと同じで、指令を出すためのもの

リードは、日常的に使いません。

ハーネスは犬が自由に動けるので、しつけには適してません。

しかし、ハーネスを日常的に使っている人もいます。

シンジロー
そんな場合は、リードで訓練したら、ハーネスに戻してあげます。

ハーネスでも同じようにもう一回練習すると、すぐに覚えてくれる子もいます。
            

 

リードだけでコントロールする高等ワザ

帰ってきたプードル

草むらで鳥を見つけると、本能的に向かって行きそうになります。

この時は、リードをたるませて 犬が行こうとしたら瞬間に、反対にショックを入れる。

大きな声で「イケナイ」のコマンドも。

コマンドのタイミングは、リードが張り自分が引っ張られる1歩手前の瞬間に。

タイミングは難しいです。

シンジロー
うまくはまると、犬にビックリして、興奮してたのも忘れて、こちらに注意を向かせます。

横に座らせて、褒めてあげてください。

 

リーダーウォークでも歩かない犬にはマズルコントロール

ご主人様まだかな

リーダーウォークで、飼い主が上位なことを理解させます。

しかし、それでも言うことをきかない犬もいます。

噛むなどの問題行動をする犬には、マズルコントロール

後ろから抱き抱え、マズルを掴み上下左右にコントロールします。

シンジロー
マズルコントロールは、本来母犬が子犬のマズルを噛むことで、犬社会のルールを教える行為のことです。

母犬はマズルコントロールを通して、「私はあなたを守れるくらい強いんだよ」ということを伝えます。

服従させることを教え込んだり、外敵から身を守るために吠えないようにしつけたりするためです。

犬にとって口や鼻は大切な器官なので、最初はかなり暴れますが絶対に離さないでください。

噛むなどの問題行動以外ならば、そこまでは不要。

霧吹きに水を入れて、それをワンちゃんの目の前に吹かせる。

ワンちゃんの目線が見えなくなって、落ち着きます。

 

リーダーウォークと一緒に覚えるポイント

じっと見ている犬

リーダーウォークだけを、無理に教えても、犬はつまらないだけ。

名前を呼んだら、飼い主のところにくるのは、来たらうれしいことがあると、信頼関係があるから。

シンジロー
犬との信頼関係を充分に構築するための、リーダーウォークと一緒に覚えるポイントです。

 

①一番大事なアイコンタクト

シェパードも舌を出している

リーダーウォークも練習しつつ、アイコンタクトの練習を行ってください。

人と一緒に歩くときに大事なのは、犬がどれだけ飼い主の動向に注意を払っているかどうかです。

シンジロー
リーダーウォークがきちんと出来る様になると、自然と犬の方からアイコンタクトを求める様になります。

その前に、アイコンタクトをとる躾もしてみましょう。

最初は、目を見てくれたら褒めること。

家でおやつを両手で持ち、片方の手を自分の目の前に持っていきます。

シンジロー
目が合ったら、反対の手からおやつをあげます。

この時に、「ルック」「見て」などのコマンドを言うと、コマンドだけでアイコンタクトできるようになります。

耳や目で飼い主を感じてくれて、飼い主の呼びかけでアイコンタクトするのが理想。

 

②万が一のための呼び戻しの訓練

ジャックの横顔

首輪やハーネスが抜けたとき、自動車や大型犬が近くにいても、良いように。

完全に呼びがきく子は、本当に安全です。

訓練にはドッグランみたいな広い場所が最適。

ある程度は呼び戻しができることが条件。

遊んでいる途中で呼び戻し、一度リードを付けてからまた外して遊ばせます。

これを、繰り返す。

シンジロー
リード=遊べないではなく、また遊べると覚えさせことで、呼び戻してリードをつけさせる子になります。

 

③鼻タッチ 

この鼻タッチトレーニングは、教えておくといろいろなものに応用ができます。

トリーツさえあれば、どこでも訓練できます。

 

④ハンドサイン

ハンドシグナルとも言われます。

単にジャスチャーですが、コマンドとともにハンドサインも同時に教えます。

シンジロー
関連付けできるので、犬も覚えやすいです。

ボール取りとかトイレも、コマンドを言わずに、ハンドサインだけでできます。

 

⑤リーダーウォークの前に適切な運動量を

リーダーウォークで指示に従わない原因の一つに、運動不足があります。

散歩時間や一緒に遊ぶ時間を増やしたりしてから、訓練に移ってください。

運動量を増やすメリットは、他にもあります。

例えば、普段から少し早めのペースで歩けば、犬は自分の好き勝手が出来なくなり、飼い主の動向に注目するようになります。

シンジロー
リーダーウォークが、ますますやりやすくなりますね。

 

⑥興奮しやすい子にもリーダーウォークが効果的

そっと主人の顔を見る犬

他の犬を見つけたら、ロックオンして興奮する犬もいます。

そんな場合は、リーダーウォークで十分な距離をたもち、弧を描くように通りすぎる。

タイミングを見計らって、合図を送り続けます。

興奮しやすい子にとって、その場で動かず待つのは負担です。

飼い主さんは、「大丈夫かな?」という気持ちは捨てて下さい。

犬は、飼い主を見ています。

シンジロー
飼い主がリーダーでなくなった時には、代わりに犬が興奮してリーダーになろうとします。

 

関連記事

①犬の「クリッカー」でトレーニングを早める 

クリッカートレーニング 

クリッカーは、「カチッ」という音が鳴る、犬のしつけ用の道具です。

音が鳴る瞬間的なポイントで、トリーツなどのご褒美を約束することで、音とご褒美の関連付けを学習させます。

1クリックで1回クリッカーの音が鳴りますが、1回だけ褒めます。

クリッカーは、まさに褒めるタイミングで鳴らすことに意味がある。

だから、「カッ、チン」ではなく「カチッ」で。

褒めるタイミングは、いつも同じで。

クリッカーを鳴らしたら、ご褒美を忘れずに。

「クリッカー=ご褒美」と意識付けます。

この状態を「クリッカーが入った」と言い、クリッカートレーニングの準備が整った状態です。

「スワレ」の場合で言えば、犬のお尻が床に着いた瞬間に鳴らして、褒めてトリーツを。

犬は、褒められるポイントを学習できますが、言葉では、どこのポイントの行動だったのか、理解に時間がかかります。

シンジロー
リーダーウォークでも、いろんな場面で利用できますね。

 

②リーダーウォークで精神的に安定するセロトニンを増やす

リーダーウォークをする時に、いつでも犬のセロトニンを増やす方法があります。

ゆっくりとしたリズムで、お散歩させます。

速いペースで元気良く歩くと、アドレナリンやドーパミンの分泌が増し興奮する。

あくまでリーダーウォーク。

シンジロー
ゆっくりとしたペースを飼い主が作り、犬がそれに合わせるようにさせます。

 
リーダーウォークは、一日で出来るようになるわけではありません。

時間はかかるので、根負けせずに気長にやりましょう

愛犬が、散歩って楽しいなと思えるように、

焦らなくていいので、わんちゃんの成長ペースに合わせてあげてください。

人様に迷惑をかけない犬になれる様に、根気良く頑張ってください。

 
【関連記事】
▼犬の躾(しつけ)まとめはこちら

ドッグフードランキングの大嘘を見破るシンジローのおすすめフード3選

日本のドッグフードランキングの大嘘にだまされてはいけません!

アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal(WDJ)」推奨フード

参考にするのがベストです。

WDJは、アメリカで最も権威のある犬の雑誌!

穀物類が多い、添加物が多く入っている、肉類が多くない、

使われている肉の種類が悪いなどのフードは、ランキング上位に入れません。

そこで、

シンジロー
WDJ推奨フードを参考に、国産フードも含めて自信を持って選んだのが、次の3つのフード。

栄養バランスではブッチ、品質のこだわりではDrケアワン、実績ではオリジン、総合ではブッチが一番おすすめです。

 

環境規制が世界一厳しいニュージーランドの“無添加”ドッグフード【ブッチ】特別トライアルセット

環境規制が世界一厳しいニュージーランドで

ミートペットフード界最大のシェアを誇る『ブッチ』

厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れ、グルテン等のアレルゲンを一切含まない“無添加”生ペットフード

ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです

低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現しています。

国産!無添加!機能性サポート成分配合のドッグフード【Drケアワン】

13722

動物栄養学博士が監修する愛犬の健康長寿におすすめのフード

原材料・製造工場の安全性・品質にも徹底的なこだわり

若い時期からしっかりと体の内側からのケアができる

30日間返金保証の自信

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

-犬の躾(しつけ)

Copyright© 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ! , 2019 All Rights Reserved.